施工事例

栃木県栃木市 タイル外壁塗装 コーキング打ち直し

  • Before

  • After

担当からのコメント

タイル外壁を導入しているS様邸。

タイルの外壁は、昨今主流のサイディング外壁のように塗装が必須の外壁ではないのですが、タイル外壁を導入されている知人の方より、外壁にツヤ感が生まれてより一層きれいになった、とお聞きにな

り、今回弊社にご連絡いただけたようです。

「外壁にツヤを出して、美しくしたい」と希望されていたS様。

今回はタイル外壁に適したクリアー塗装と言う施工法をご提案させていただきました。

クリアー塗装とは、透明の塗料を使った外壁塗装のことで、経年での劣化が少ないため、外壁塗装は必要ないタイル外壁ですが、自宅の美観を気にされる方だと、クリアー塗装を希望される方もいらっしゃ

います。

足場設置を完了させ、まずは高圧洗浄を行いました。

高圧洗浄をすると大体の黒ずみ汚れが水とともに流れていきました。

外壁の表面に汚れが付着していると、塗膜がうまく生成されないので、高圧洗浄は外壁塗装を長持ちさせるために重要な工程です。

外壁塗装が必要ないタイル外壁ですが、目地部分に充填(じゅうてん)されたコーキングの補修メンテナンスは必要です。

既存のシールを取外してプライマーを塗布し、シール材を充填させ、バッカーでならし、コーキング工事を完了させました。

コーキング工事を終えると、いよいよ本題のクリアー塗装へと移ります。

使用した塗料は、エスケー化研のSKシリコンクリアーです。

アクリルシリコン樹脂を採用しているため、従来のアクリル樹脂系やポリウレタン樹脂系の塗料に比べて耐性が高く、緻密な架橋塗膜を形成し、汚れを寄せ付けず低汚染性を発揮します。

一般的な外壁塗装では「下塗り・中塗り・上塗り」の3度塗りが基本ですが、クリアー塗装では塗料の性質上、下塗りの必要がないため、1回目の塗装で中塗りを実施します。

中塗りを十分に乾かしたら、ローラーを使い2度目の塗装作業である上塗りを行います。

塗りムラなくきれいに塗装ができました。

外壁塗装を終えると、以前はなかったツヤ感が生まれ、太陽の光を反射して輝いていました。

S様も、ご希望通りの仕上がりに満足そうな表情を浮かべておられました。
 

施工内容タイル外壁塗装 コーキング打ち直し
使用材料SKシリコンクリアー
工事日数14日間

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る