施工事例

ホーム・ビューティーで施工させて頂いた物件をご紹介いたします。
それぞれの施工実績により詳しい作業内容や写真がありますので、ぜひご参考にされてみてください。

  • 栃木県下野市 外壁塗装 屋根塗装 棟板金工事 コーキング工事

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    K様より、インターネットを通じて、外壁リフォームのご相談をいただきました。
    外壁に関しては特に大きな劣化が見られず良い状態でしたが、一部ひび割れが発生していましたのでパテで補修を行いました。
    サイディングの目地コーキングに関しても破断もなく良い状態を維持してますが、今後10年の耐久性も視野に入れ、外壁塗装と同時に打ち替え工事を行った方がいいと判断し、既存の劣化したコーキングを撤去し、新しくコーキング材を充填しました。
    サイディングの外壁も、大きな劣化は見られず、大掛かりな補修をしなくても塗装ができる状態でした。
    正面部分に加え、1階部分は、難付着サイディングボードが使用されている為、専用の下塗り材を塗布しました。
    難付着ボードは、塗装をする際の下塗り材の選定に注意が必要になります。
    下塗り後、タイル調部分はタイルの風合いを残すためUVプロテクトクリヤーで塗装しまし、2階部分の単色部はパーフェクトトップを使用しました。
    屋根は割れやすいノンアスベストの屋根材でしたが、いずれはカバー工法をおこなうことを視野に入れ、今回サーモアイSiを使用し塗装工事を行いました。
    棟板金の結合部のコーキングに劣化が見られましたので、既存のコーキングを撤去し、新しくコーキング材を打ち替えました。
    破風版の結合部にはコーキング材が打たれていましたが、経年による劣化で、一部剥落していましたので、結合部のコーキング処理を行い、塗装メンテナンスをしました。
    塗装をしないコンクリート床は高圧洗浄で汚れをきれいに落とし、最後に点検をして今回の全ての施工が完了しました。
    施主様、今回、弊社に外壁塗装、並びに屋根塗装工事を御用命いただき誠に有り難うございました。
    ご満足評価も頂き、大変嬉しく思います。
    定期点検もございますため、引き続き今後ともよろしくお願いいたします。

    施工内容外壁塗装 屋根塗装 棟板金工事 コーキング工事
    使用材料UVプロテクトクリヤー パーフェクトトップ
    工事日数14日間
  • 栃木県宇都宮市 外壁塗装 付帯部塗装

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    O様邸の施工事例です。
    O様邸の外壁は、全体的に凄く綺麗な状態でしたが、北側の黒ずみや、汚れが気になっていたのと、黄土色ベースだった外壁を、ガラリとイメージチェンジしたいとの事でした。
    弊社までご来店いただき、カラーシュミレーションにていくつかご選定いただいた中、今回はホワイト一色で統一する運びとなりました。
    まずは、高圧洗浄機で外壁全体を綺麗にしました。
    外壁はモルタルにリシンを吹き付けてある仕様でした。
    日本の気候や風土にあった仕上げ材で、調湿性や透湿性に優れています。
    特に目立ったクラックなどもなく、補修工事などもせずに塗装工事へと入りました。
    使用する塗料はガイナをご提案しました。
    ガイナは固い塗膜ですが、調湿性や透湿性に優れ艶消し仕上がりとなります。
    平成29年度に省エネ大賞を受賞し、評価の高い塗料です。
    下塗りには、下地調整能力に優れたフィラーを塗布しました。
    その後、中塗り、上塗りと2回塗り重ねて外壁塗装は完成となります。
    外壁塗装を終え、仕上げに付帯部の塗装に入りました。
    破風板はプライマーを塗り、密着性を上げてからトップコートを2回塗りしました。
    続いて、土台水切りには錆止めを入れてからトップコートを2回塗りしました。
    最後に全体を点検し、今回の前施工が完了しました。

    施工内容外壁塗装 付帯部塗装
    使用材料GAINA
    工事日数10日間
  • 栃木県小山市 外壁塗装 屋根塗装 コーキング工事 付帯部塗装

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    当ホームページより、ご連絡いただきました、U様邸の施工事例をご紹介します。

    まず初めに、こびりついた埃やコケを高圧洗浄で除去しました。

    洗浄で落ちないカビなどは、除藻剤で除去 しました。

    洗浄後、外壁をしっかりと乾燥させ、塗料の密着テストを行い、下塗り材を選択しました。

    外壁との相性や、密着の悪い素材もあるため、こう言った作業が長持ちの秘訣でもあります。

    次に、目地のコーキングの打ち替えを行いました。

    劣化した目地のコーキング材を専用工具を使用し撤去しました。

    専用工具を使用する事により、綺麗に剥がす事が出来ます。

    コーキング材は雨水から家を守る要となりますので、こちらの作業も外壁塗装を行う前には欠かせないものとなってきます。

    破断の原因ともなってしまう、コーキング材の3面接着を防ぐためのボンドブレーカーを貼りました。

    こちらも非常に細かな作業ですが、密着不良によるコーキングと 外壁材との界面剥離を防ぐ重要な作業です。

    コーキング打ち替え用プライマーが長持ちの秘訣になりますが、コーキング材の選び方が、とても重要で、塗装との相性を考慮する事が必須になります。

    U様邸の外壁は窯業系サイディングで、目地の動きが大きい為、今回は硬化後の伸縮性が高いコーキング材を使用しました。

    塗装後の黒ずみを防止するために、非汚染タイプを選ぶことも重要です。

    釘頭や、クラック部にはコーキングではなくパテで隙間を補修しました。

    細かい水分の侵入によるパネル劣化を防ぎ、年数経過による釘の浮きも防げます。

    専用パテで補修する事により、経年後の部分白化を防ぎます。

    一年でも長持ちできる様な、塗装工事に必要な下処理や下地補修は様々な工程が必須で、ここからやっと塗装工事に入ります。

    まずは、先ほど密着テストに合格した下塗材でもある、浸透性強化シーラーで下塗りを行いました。

    密着力を向上させるため、既定量を守り、ムラの無いよう塗布しました。

    下塗り材がしっかりと乾燥したら、いよいよ上塗りに入ります。

    上塗りは、1度目の中塗り、2度目の上塗りに分けて行いました。

    使用した塗料は、オーデフレッシュシリーズの水性シリコン樹脂系上塗り塗料、オーデフレッシュSi100 Ⅲです。

    各条件を厳守し、ムラの無いよう塗布しました。

    屋根塗装はファインUVベストで行いました。

    弾性クリーンマイルドウレタンで付帯部の塗装を終え、今回全施工が完了しました。

    施工内容外壁塗装 屋根塗装 コーキング工事 付帯部塗装
    使用材料オーデフレッシュSi100 Ⅲ ファインUVベスト 
    工事日数14日間
  • 栃木県宇都宮市 外壁塗装 屋根塗装 コーキング工事 付帯部分塗装

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    Y様邸の外壁塗装の施工事例です。
    新築時から7年ほどが経過するご住宅。
    「大切なマイホームなので、少し早めに外壁塗装をしたかった」とのことでした。
    次の施工まで、できるだけ長く保ちたい、とご希望されていたので、今回、長寿命が特徴のフッ素塗料、超低汚染リファイン1000MFの使用をご提案しました。
    「1回の外壁塗装をなるべく長持ちさせたい」とお考えの方は、フッ素塗料がおすすめです。
    築7年と割と新しい住居出会ったため、洗浄前にもそれほど汚れている様子はありませんでしたが、マイホームをより綺麗に保っていくためにはとてもいい施工のタイミングだったと思います。
    Y様邸のようなサイディング外壁は、目地の部分にコーキングと言う充てん材が打ち込まれおり、一般的には5〜7年で寿命を迎える素材なので、今回のタイミングで補修をする事が妥当と判断しました。
    コーキングプライマーと呼ばれる下塗り塗料を塗り、新しいコーキング剤を打ち込みます。
    ヘラで表面を平たくならして、コーキングの補修作業を完了しました。
    外壁塗装では、「下塗り・中塗り・上塗り」の3度塗りで塗装を行いました。
    使用した塗料は、超低汚染リファイン1000MFです。
    超低汚染リファインシリーズは、アステックペイントジャパンが開発した塗料で、外壁用の「超低汚染リファイン1000Si-IR」「超低汚染リファイン1000MF-IR」と、
    屋根用の「超低汚染リファイン500Si-IR」「超低汚染リファイン500MF-IR」の計4種類があります。
    1000が外壁、500が屋根、Siはシリコン系塗料で、MFはフッ素系塗料になります。
    屋根の塗装にはスーパー遮熱サーモFを使用しました。
    従来のフッ素樹脂塗料をしのぐ最高ランクの耐候性で、優れた遮熱性も持ち合わせた超高機能の屋根用フッ素樹脂塗料です。
    外壁、屋根の塗装が完了し、付帯部分塗装を行いました。
    付帯部分の塗装も、基本的には外壁と同じ3度塗りで施工して行きます。
    最後に細かい部分の塗装や補修を完了し、今回の施工が完了しました。

    施工内容外壁塗装 屋根塗装 コーキング工事 付帯部分塗装
    使用材料スーパー遮熱サーモF  超低汚染リファイン1000MF
    工事日数14日間
  • 栃木県宇都宮市 外壁塗装 コーキング工事 付帯部塗装

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    今回は屋根は瓦なので外壁のみの塗装工事でした。

    施工前は、外壁の埃や微かなクラックなどが気になる状態でしたので、まずはコーキング補修工事から行っていきたいと思います。

    クラックは、コーキングと塗装でかなりの水分の侵入を妨げられ、埃もつきにくくなりますので早め早めのお手入れをお勧めしております。

    また、クラックの部分だけをコーキングをして補修する方がいらっしゃいますが、それだと塗装をしてもコーキングの跡が、綺麗には消えません。

    施工費の削減は出来ますが、総合的に住まいを見上げた時、どうしても仕上がり具合が綺麗だとは言えず、満足がいかない結果となる可能性もあります。

    どのような施工が一番適しているか、当社はいつでも現地調査・無料診断致しますのでお気軽にご連絡いただければと思います。

    クラック補修工事を終え、次に外壁塗装に入っていきます。

    まずは全体を高圧洗浄し、外壁にこびりついた汚れや、日の当たらない北側部分によく見受けられるカビなどを除去していきます。

    外壁全体が渇き、塗装できる状態になりましたら、下塗り、中塗り、上塗り、の3度塗りを行っていきます。

    今回使用した塗料はRSシルバーグロスsiになります。

    こちらの塗料は下地に対して付着力があり光沢や耐水性など優れた性能があります。

    施工完了後、とても上品で落ち着いた優しい雰囲気に仕上がりました。

    熱や紫外線にも強く、長期間美しい状態を保つことができます。

    この度は当社をお選びくださり誠にありがとうございました。

    今後もご満足いただける施工ができますよう日々尽力いたします。

    施工内容外壁塗装 コーキング工事 付帯部塗装
    使用材料RSシルバーグロスSi
    工事日数10日間
  • 栃木県栃木市 外壁塗装 コーキング工事 屋根補修工事 屋根塗装 付帯部塗装

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    I様より、外壁リフォームのご相談をいただきました。

    ⾧い期間メンテナンスを実施されていなかった事もあり、外壁には黒ずみやチョーキング、クラックなどの、欠損部等見られました。

    外装リフォーム工事の実施時期を迎えられてる状態です。

    しかしながら、丁寧に施工をすれば塗装メンテナンス自体は可能な状態でした。

    サイディングの外壁は直貼り工法で施工されており、凍害によるクラックや欠損が多数発生していました。

    サイディングボードの欠損やクラックは、塗装するだけでは欠損は埋まりませんので、弾性パテで補修します。

    I様ご自身で補修されている箇所も幾つかありましたが、その他、経年での紫外線劣化や凝集破断の症状が多数みられましたので、まずは劣化した既存のコーキング材を撤去し、新しくコーキング材を充填して打ち替えを行いました。

    高圧洗浄で汚れを落とし、外壁の補修を行った後は外壁塗装を行っていきますが、その前に、素地強化のため専用の下塗り材をしっかり塗布してから上塗りを行いました。

    上塗りにはパーフェクトトップ(艶消し)を使用しました。

    屋根の状態も同様に、経年での著しい汚れ、表層の劣化が見られますが丁寧に施工すれば塗装メンテナンス可能な状態でした。

    棟板金の結合部のコーキングには劣化が見られたので、劣化した既存のコーキングを撤去し、新しくコーキング材を打ち替えます。

    釘頭は、コーキング処理を怠るとそこからまた水が入り劣化が始まってしまいますので、しっかりと釘頭にもコーキング処理を行いました。

    屋根補修工事を終え、高圧洗浄で汚れやコケをきれいに落とし、下塗りを適正量しっかり塗布してから上塗りを行いました。

    今回は仕上げにサーモアイ Siで塗装をしました。

    その他、付帯部塗装、最終点検を終え、今回の施工が完了しました。

    この度は弊社をご選定いただき誠にありがとうございました。

    施工後のアフターケアもしっかりと行なっていきますので、何かありましたらいつでもご連絡ください。

    それでは、引き続きよろしくお願いします。

    施工内容外壁塗装 コーキング工事 屋根補修工事 屋根塗装 付帯部塗装
    使用材料パーフェクトトップ サーモアイ Si
    工事日数17日間
  • 栃木県鹿沼市 屋根塗装

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    S様の屋根は経年による色あせと、北面が特にコケの繁殖が広がっていました。
    割れや汚れなどは比較的少なく、高圧洗浄で徹底的にコケや汚れを除去すれば、塗装に適した状態となります。
    屋根塗装の下地調整にとって、重要工程の一つは高圧洗浄です。
    最大15Mpaの水圧で、長年こびり付いたコケや藻を除去しました。
    大よそ屋根のみで3~4時間を要し、徹底的に洗浄します。
    屋根塗装後、長持ちする秘訣は塗布量厳守にあります。
    そして今回使用する塗料は日本ペイントのサーモアイシリーズなので、その場合は、サーモアイシーラーを使用します。
    下塗りにも熱の反射性が有り、下地を強固にする役目も有ります。
    上塗り1回目は遮熱塗料サーモアイSiを塗布します。
    サーモアイSiは過酷な環境下でも耐久性を保持することが可能な屋根用遮熱塗料です。
    太陽日射高反射型の塗料で、弊社では最も人気の塗料です。
    上塗り2回目も1回目同様、塗布量を守りムラの無い様に塗り込み、屋根塗装の完成です。
    S様にも今回の屋根塗装には大変ご満足頂きました。
    美観も含めご近所様からも評判の様です。
    屋根塗料にはサーモアイSiを採用頂きました。
    ですが、その真価が発揮されるのは「塗りたて」ではなく、5年以上経過してからです。
    「塗りたて」はだれがやっても何を使ってもキレイに決まっています。
    この業界は5年以上経過後の不具合が非常に多いですが、塗膜の耐久性にはこれからも一際こだわってまいりたいと思います。

    施工内容屋根塗装
    使用材料サーモアイSi
    工事日数10日間
  • 栃木県さくら市 外壁塗装 金属サイディングカバー工事 シーリング工事 バルコニー防水工事

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    今回はキューブ型の事務所の施工事例になります。
    モルタル外壁は、庇(ひさし)が無いため、傷みが進行しやすいです。
    構造的な要因のひび割れが多く発生しており、塗装工事による再発防止には限界があると判断し、今回は金属サイディングによるカバー工事をご提案させていただきました。
    木製ドアは雨水や紫外線などによる劣化が進行しており、アルミドアへの交換工事を提案させていただきました。
    今回のサイディングは12色から選べるようになっており、カラーシミュレーションを利用して色を決定しました。
    2色を使って仕上げる案を提案しましたが、玄関のみホワイトにして外壁全体はダークブルー1色に決定しました。
    事務所のドア横の外壁や、事務所の裏にあるご自宅は、金属サイディング張り替えではなく既存のモルタル外壁を残していきたいとのことで、まずは事務所、ご自宅共に高圧洗浄で綺麗にし、ひび割れの処理などを行いました。
    ひび割れの処理後、まずは事務所部分の金属サイディングの張り替え工事を行います。
    透湿防水シート張り、胴縁取付を行い、その後、窓の周りや基礎部との取り合いに専用部材を先行して取付し、本体を取り付けました。
    金属サイディングではポピュラーな縦張り施工です。
    最後にシーリング工事をしてサイディング工事の完成です。
    サイディングのカバー工事を行った以外の部分(事務所のドアの横、ご自宅)の外壁に関しては、通常通り塗装を行っていきます。
    お色は統一感を出すため、新たに取り付けた金属サイディングのお色に合わせていきます。
    下塗り、中塗りと終え、パーフェクトトップにて上塗りを完了しました。
    ドアや階段付帯部分をホワイトカラーで統一し、バルコニーの床にはFRP防水を施工しました。

    施工内容外壁塗装 金属サイディングカバー工事 シーリング工事 バルコニー防水工事
    使用材料パーフェクトトップ
    工事日数17日間
  • 栃木県宇都宮市 外壁塗装 シーリング打ち替え工事

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    8部屋ある大きめなアパートの施工事例です。
    前回の塗り替えから10年ほど経過しており、再塗装、加えてスチール製の各戸のドアの塗り替えや、開放廊下の床目地のシーリング打ち替えなども必要な状態でした。
    足場設置後、高圧洗浄から入りますが、大きな建物の場合、高圧洗浄機を複数用意して1日で洗浄作業が終わるように対処しています。
    こちらでは2台の高圧洗浄機で行いました。
    シーリング工事では、外壁仕上げ色と似た色のシーリングを充填します。
    こちらを共色施工と言います。
    材料はオートンサイディングシーラントです。
    塗装に関しては、外壁屋根ともに人気のラジカル制御型塗料、日本ペイントのパーフェクトシリーズを使用します。
    こちらは、外壁屋根ともに、ローラーによる3回塗り工程で仕上げました。
    玄関ドアは住民の皆さまにご協力をいただき、裏側まで塗装を行いました。
    施工前より全体的に濃いお色で3度目の塗装を終え、艶のあるキレイな仕上がりとなりました。。
    廊下目地のコーキングも打ち替えて、消火器ボックスは交換しました。
    オーナ―様、この度は数ある業者の中から弊社をお選びいただき誠にありがとうございました!
     

    施工内容外壁塗装 シーリング打ち替え工事
    使用材料パーフェクトトップ オートンサイディングシーラント
    工事日数17日間
  • 栃木県宇都宮市 外壁塗装 シーリング打ち替え工事

    • Before

    • After

    担当からのコメント

    「これまで何件かの業者に外壁塗装を依頼したが、『足場を仮設するために玄関前の木を切ってほしい』と言われ、断念した」というA様。

    弊社では、今回道路の使用許可を取り、一部を道路側に出せば、この問題は解決できそうでしたので、木を切ることなく外壁塗装を行うことができました。

    外壁を塗り替える前にカラーシミュレーションを行いました。

    施主様がお選びになった色は薄いグリーン系のお色です。

    道路使用許可を申請し、足場の一部が敷地外に出ることになりましたが、無事に足場を仮設しました。

    足場を仮設したら高圧洗浄をしていきます。

    今回、特に外壁に目立つ汚れは見当たりませんでしたが、所々シーリングが剥がれ落ちてしまっていたので塗装の前に打替えを行います。

    カッターで目地からシーリングを剥がし、目地を綺麗に清掃した後、養生テープを両側に貼り、プライマーを塗布し、シーリング材を目地に充填していきます。

    ヘラで均して面を均等にしていき、ある程度、乾いたら養生テープを剥がして完成です。

    シーリングの打ち替え工事が終わり、次は外壁塗装を進めていきます。

    まずは下塗りです。

    今回は仕上げ塗りにパーフェクトトップを使用するので専用の下塗り材で尚且つ窯業サイディング用のパーフェクトサーフを使用します。

    錆止め塗料を使い下塗りを終え、パーフェクトトップによる2回の仕上げ塗りを行い外壁塗装が完了しました。

    世界シェア3位、日本シェア1位という知名度もさることながら、日本ペイントのパーフェクトトップを選ばれる方はかなり多いですね。

    コストパフォーマンスに本当に優れた塗料だと思います。

    大事な木を傷付けずに竣工となり、お施主様にも喜ばれました。

    施工内容外壁塗装 シーリング打ち替え工事
    使用材料パーフェクトトップ
    工事日数10日間

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る