現場レポート

佐野市 屋根塗装工事 棟板金 下地処理ケレン〜下塗り

2021.10.4

棟板金のケレンの作業

 

栃木県佐野市にて屋根塗装の作業をご紹介します。

今回は棟板金の塗装です。

棟板金とは屋根の棟部に取り付けてある板金のことです。

 

ここは屋根の継ぎ目となりますので、隙間ができないように板金を被せて塞いでいます。

もともと屋根は風雨にさらされ風に煽られやすい場所ですから、この棟板金が風で飛ばされてしまう被害は多く起きています。

 

板金が風で飛んでしまうと周りの建物に当たって損傷を与えてしまう恐れがありますので、状態には注意しておきたいところです。

 

自然災害での損傷は火災保険を利用できることがあります。

詳しくはこちらの「火災保険・地震保険の利用」をご覧ください。

 

その他にも板金がなくなってしまったらルーフィングが露出し、傷つけてしまったり、劣化を早めてしまったりする可能性があり、状態が悪くなると雨漏りを引き起こす恐れだってあります。

 

雨漏りは建物に甚大な被害を与えますので、なるべく雨漏りを起こさないことが望ましいです。

もし、劣化症状が進んでいましたら雨漏りが起きる前にメンテナンスをしましょう。

 

屋根は高い場所にあるため中々状態を確認するのは難しいです。

屋根に登るのは非常に危険ですから、状態を知りたい方は専門業者に依頼して点検してもらいましょう。

 

当社は無料で建物の点検を実施しておりますので、お家のことでなにかございましたらお気軽にご相談ください。

無料診断についてはこちらの「屋根外壁0円見積もり」をご覧ください。

 

棟板金の塗装では、外壁などの他の塗装と同じようにまず下地処理のケレンから行います。

また、棟板金に損傷があったり、劣化症状があったりする場合は先に補修をしておきます。

 

コーキング切れ、釘抜けは棟板金によく起きる劣化症状ですので、塗装前にちゃんと補修しておくことです。

 

棟板金の塗装の作業

 

補修や下地処理が完了したら下塗りです。

下塗りは塗料と下地の密着性を高める役割があります。

 

鉄部の下塗り剤は鉄に適した塗料を選ぶ必要があります。

仕上げ剤は一緒でも施工する素材によって下塗り剤は異なりますので、正しい材料を選んで作業することが大切です。

 

鉄部の場合は下塗り剤に錆止めを塗布することが一般的です。

鉄部は錆で朽ちてしまう可能性もありますので、状態が悪くなる前に塗装をして保護することが大事です。

 

もし朽ちてしまうと補修が困難になり交換しなければいけなくなってしまう可能性があります。

交換になってしまうと作業工程や材料費が増えてコストがかかってしまいますので、できるだけ費用を抑えるためにも定期的にメンテナンスをしておきましょう。

 

塗装工事の料金についてはこちらの「料金について」をご覧ください。

 

それでは本日の現場レポートはここまでになります。

次回も塗装現場の作業をご紹介していきますので楽しみにしていてください。

“mu”

 

栃木県上三川町、宇都宮市、下野市、真岡市、小山市、古河市で、塗装工事、屋根工事のことなら、ホーム・ビューティーへお気軽にご相談ください。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る