現場レポート

栃木市 屋根塗装 下塗り工事 シーラー塗装 無料見積もり

2019.7.17

栃木市にて屋根塗装の下塗り工事としてシーラー塗装を行ってきました。

 

スレート屋根を高圧洗浄した場合にはかなりの色むらが出てきます。

 

この色の違いはスレート屋根自体の劣化具合でもあるので白くなってしまっているほど既存の塗膜もなくなっていますし傷みも激しい部分になります。

 

下塗り工事で使用する塗料はシーラーでまばらになってしまったスレート屋根の表面の吸い込みを均一にする効果も期待して作業を行います。

 

シーラー塗料は水のようにシャバシャバとした塗料なので経年劣化で傷んでしまったスレート屋根はどんどん吸い込んでいきます。

 

スレート屋根の傷み具合によって吸い込みの程度にも差がでてしまうので中塗りを行う前にしっかりとした下地の調整が必要になりますね。

 

横並びに施工されたスレート屋根でも傷み具合は違うのでシーラー塗料の吸い込みが均一に止まるまで下塗り工事を繰り返すことが重要なポイントになります。

 

また、下塗り工事のシーラー塗装が完了した後に縁切り作業としてタスペーサーの設置を行うことで毛細管現象による雨漏りの可能性を抑えることもできますよ。

 

カッターやカワスキを使った縁切り作業もありますが上塗り工事後の屋根に登る必要があるのでせっかく仕上げた塗装が汚れてしまうことがあるので注意してくださいね。

 

★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る