現場レポート

真岡市 外壁塗装 養生工事 無料見積もり

2019.8.2

真岡市にて外壁塗装の養生工事を行ってきました。
 
一言で養生工事といっても外壁塗装で使用する塗料によって養生の方法もいろいろと変わってきます。
 
下塗りに使用する塗料がシーラーの場合には通常通りの養生で事足りますが微弾性フィラーを使う場合には塗料の飛散範囲が広がるために多めの養生が必要になります。
 
さらにウールローラーを使用するのかマスチックローラーを使用するのかでも養生の方法を臨機応変に変えていく柔軟さも大事なポイントになります。
 
特にマスチックローラーを使用する場合にはサイディング以外の部分に下塗りが付かない様に細かな養生が必要で予想以上に飛散することもあるので広めの養生が欠かせません。
 
玄関ドアや勝手口、窓などのサッシはもちろんですがインターホンやポストなどの建物に付属している物もすべて養生で囲う必要があります。
 
さらに建物基礎部分も一般的には再塗装をすることは少ないので水切りから下の基礎部分も養生で囲います。
 
微弾性フィラーを使用する場合には下塗り用の養生を行ってから中塗りや上塗りの段階で養生を手直ししながら作業を進めることも少なくありません。
 
養生を手直しするのはかなり手間と時間がかかってしまいますが最終的な仕上がりは養生の良し悪しで大きく左右されるので丁寧に行いたいですね。
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る