現場レポート

下野市 外壁塗装 下地調整 養生工事 無料見積もり

2019.8.4

下野市にて外壁塗装の下地調整を行ってきました。
 
外壁塗装の工程の中で下地調整と養生工事は並行して行うことが一般的です。
 
玄関ドアや勝手口、窓などのサッシの開口部にはコーキングの打ち換えが発生することもあるので段取りを考えて作業を進める必要がありますがその他の部分は干渉することが無いので養生工事も下地調整も進めることができます。
 
外壁のクラックの補修するにはまず既存のコーキング補修された部分を綺麗にする必要があります。
 
既存のコーキングの上に塗料が乗っていない場合には基本的にシリコンコーキングの可能性が高いのでそのまま塗り替えを行うことはできません。
 
塗料が乗るコーキングの種類としては変性シリコン系とウレタン系のコーキングがあります。
 
さらに高耐久のネオウレタンというタイプのコーキングも出てきているので性能や価格を比較検討することも大事なポイントになりますね。
 
下地調整の後の下塗り工事に使用する塗料によってコーキングの跡が残ってしまうこともよくあります。
 
シーラーなどの塗料を使用する場合にはコーキングで補修した場所が最終的な仕上がり後でもわかってしまうので注意が必要です。
 
コーキングの跡を消すには微弾性フィラーなどの隠蔽性の高い下塗り塗料を使うことをおすすめします。
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る