現場レポート

真岡市 外壁塗装 下塗り工事 シーラー塗装 無料見積もり

2019.10.16

栃木県真岡市にて外壁塗装の下塗り工事としてシーラー塗装を行ってきました。
 
外壁塗装の工程では下地調整に続いて行う作業になります。
 
下地調整でサイディングなどの外壁のひび割れやクラックの補修を行った後で行う下塗り工事には下地と中塗りや上塗りで使用する塗料の密着性を上げる効果が期待されています。
 
シーラー塗装は基本的に透明の塗料を使用することになりますので作業中や施工後もサイディングの塗装面もさほどの変化が見られません。
 
経年劣化によって艶が引いてしまったサイディングにテカリや艶が戻ったような状態になる程度の変化しかしませんね。
シーラー自体はシャバシャバとした液体になりますので経年劣化したサイディングにぐんぐんと吸い込まれていきます。
 
シーラーを含んだサイディングは下地として均一な状態になりますのでその後に行う中塗り工事の仕上がりを綺麗にしてくれる効果も期待できますね。
 
乾いてしまったサイディングにしっかりとシーラーを吸い込ませることが大事なポイントになりますが水の様にシャバシャバの塗料なので作業中は塗料の飛散もかなり多くなってしまいます。
 
養生からはみ出して塗料が飛散してしまわない様に注意が必要ですがより多くの塗料を吸い込ませることも必要になりますので作業は難しくなりますね。
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る