現場レポート

栃木県小山市 外壁塗装 下塗り フィラー 無料見積もり

2019.12.18

栃木県小山市にて外壁塗装の下塗り工事として、微弾性フィラー塗装を行ってきました。
 
外壁塗装の工程では、下地調整に続いて行う作業になります。
 
微弾性フィラーやサーフ系の下塗り塗料では、メーカーの規定に従って塗料を希釈する必要があります。
 
原液の塗料のままでは作業ができませんので、現地にて希釈することになりますね。
 
希釈の割合は既存の建物や環境によってもかわりますが、薄くしすぎてしまうわ無いことが大事になります。
 
原液に近い希釈の少ない塗料では、作業性が悪いので規定以上に薄めてしまう業者もあるので注意してくださいね。
 
微弾性フィラーやサーフ系の塗料の場合には、シーラー塗料とは違い塗膜がしっかりと付くので塗り継ぎ部分にも注意が必要になります。
 
下塗り工事の段階での塗り継ぎムラは、最終的な仕上がりにも左右する重要なポイントになりますね。
 
下塗り工事に使用するローラーの種類によっても、外壁の表情が変わるので工事前にしっかりと説明や打ち合わせを行っておくことが大事です。
 
一般的にはウールローラーを使用するので、柄が変わることはありません。
 
既存の外壁の柄を大きく変えたい場合には、マスチックローラーなどを使用することもありますが仕上がりの打ち合わせは必要ですね。
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る