現場レポート

栃木県宇都宮市 外壁塗装 上塗り 雨どい 無料見積もり

2020.1.20

栃木県宇都宮市にて、外壁塗装の上塗り工事とし付帯塗装を行ってきました。
 
外壁塗装の工程では、一般的にはサイディングの塗装に続いて行う作業になります。
 
付帯部分の塗装の中でも、雨どいの塗装では注意する点がいくつかあります。
 
雨どいは屋根の形や建物の大きさによって、さまざまな場所に設置されています。
 
鼻隠しとセットになった軒樋から、建物を縦断するように設置された竪樋まであります。
 
軒樋は上塗り工事が完成した外壁の上での作業になるので、塗料に飛散に注意が必要ですね。
 
一方で、竪樋の作業をする場合には、外壁との間に隙間が少ないことが問題です。
 
一般的には、サイディングなどの外壁と竪樋の隙間は、かなり狭くなっています。
 
現場に合わせたサイズの刷毛やローラーを、しっかりと選定して塗装する技術や知識も必要になります。
 
歴の少ない職人の場合には、サイディングを汚してしまうこともあるので対策が必要になることもありますね。
 
特に隙間の中を塗装する際には、竪樋の裏側に塗り残しが出来てしまうこともよくあります。
 
塗装作業中は塗り残しが無いように、作業を行っているので見つけられないこともあります。
 
お施主様への引渡し前に、しっかりとチェックして補修することも大事ですね。
 
すべてを完璧にこなすことは難しいですが、引渡し前には綺麗に仕上げる気持ちが必要になりますね。
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る