現場レポート

栃木県真岡市 屋根塗装 下塗り シーラー 無料見積もり

2020.1.21

栃木県真岡市にて、屋根塗装の下塗り工事のシーラー塗装を行ってきました。
 
屋根塗装の工程では、下地調整の補修作業が完了してから行う作業になります。
 
屋根塗装で行う下地調整では、屋根材に出来てしまったひび割れやクラックの補修を行っています。
 
カラーベストやコロニアルと言われるスレート屋根の場合劣化によって強度が落ちるので、ひび割れやクラックが起こりやすくなります。
 
屋根の塗装の下塗り工事で使用する塗料は、スレート屋根の場合にはシーラー塗装を行います。
 
シーラー塗装を行うことで既存のスレート屋根と、上塗りで使用する塗料の密着力を上げる効果が期待できます。
 
さらにスレート屋根の塗り替えでは、高圧洗浄や下地調整で古い塗膜が剥がれてしまう部分が出てきます。
 
古い塗膜が剥がれてしまったスレート屋根は、素地が表面に露出してしまうので、水分などを吸収しやすい状態になります。
 
その状態で中塗りや上塗りを施工してしまうと、塗料の吸収にムラが発生してしまう可能性がありますね。
 
屋根全体でみると、吸い込みの多い場所とそうでない場所がムラが残った仕上がりになってしまうこともあるので、塗装前に行う下塗り工事が重要になります。
 
下塗り工事としてシーラー塗装を繰り返し行うことで、屋根の吸い込みムラを抑えることもできますよ。
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る