現場レポート

栃木県栃木市 屋根塗装 下塗り シーラー 無料見積もり

2020.2.25

栃木県栃木市にて屋根塗装の下塗り工事として、シーラー塗装を行ってきました。
 
屋根塗装の工程では、下地調整に続いて行う作業になりますね。
 
カラーベストやコロニアルと言ったスレート屋根の場合には、下地調整の工程ひび割れなどの補修を行います。
 
スレート屋根自体は、経年劣化によって強度が下がってしまうので作業中も注意が必要ですね。
 
スレート屋根の塗り替えでは、下塗り工事までの工程が重要なポイントになります。
 
下地の状態を均一に整えることが大事です。
 
シーラー塗装を行った状態で、屋根全体が均一になるまで繰り返し作業を行うこともあります。
 
スレート屋根は劣化具合によって、塗料の吸い込みに差が出てしまうので的確な判断が求められますね。
 
本来であれば1回塗りの下塗り工事も、現場の状況によっては2回、3回と繰り返し作業していきます。
 
全体を均一な状態にしてから、中塗り工事に移っていくことが可能になりますね。
 
縁切り作業を下地調整の工程で行っている場合には、作業中の移動や足の置き場にも注意が必要になります。
 
塗装作業を行っているうちに、スレート屋根が割れてしまわない工夫も欠かせませんね。
 
塗り替え後に行う縁切り作業もあるので、全体を通して検討することが大事になりますよ。
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る