現場レポート

栃木県鹿沼市 屋根塗装 中塗り工事 無料見積もり

2020.2.26

栃木県鹿沼市にて屋根塗装の中塗り工事を行ってきました。
 
カラーベストやコロニアルと言ったスレート屋根の場合には、中塗り工事の段階でしっかりとしたダメ込みが必要です。
 
スレート屋根のジョイント部分や重なり部分は、塗り残しが発生しやすい場所になるので注意が必要ですね。
 
特に屋根塗装では、下から見上げた状態でチェックされることになります。
 
塗装作業中とは、目線が異なるので意識的に作業を進めることが大事です。
 
ダメ込み作業には、刷毛を使って隅々まで行っていきます。
 
棟板金やケラバの水切りなど、塗り残しが発生しやすい場所は特に念入りに作業を行います。
 
毛足の長いローラーを使用することでも、塗り残しを防ぐことが可能になります。
 
しかし毛足の長いローラーは、塗料の飛散も多くなるので注意が必要ですね。
 
屋根塗装の際には、現場の風向きや強さも常に意識しておくことが大事です。
 
仮設足場や飛散防止ネットは設置されていますが、強風などの場合には作業を見合わせることも重要になりますね。
 
特に注意したいのが強風での作業で、周囲への塗料飛散が確認できません。
 
飛散防止ネットに頼らずに、安全な作業を常に心がけておくことも大事になりますよ。
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る