現場レポート

栃木県栃木市 外壁塗装 中塗り 塗分け 無料見積もり

2020.3.10

栃木県栃木市にて外壁塗装の中塗り工事を行ってきました。
 
外壁塗装の工程では、下塗り工事が完成してから行う作業になりますね。
 
中塗り工事では、一般的に上塗りと同じ塗料を使用しています。
 
塗り替えの工程は3工程で、下塗り、中塗り、上塗りと言われますが、実際には下塗りと上塗り1回目、上塗り2回目となりますね。
 
ただし、塗料のグレードやメーカーによっては、中塗り専用の塗料もあるので注意が必要です。
 
中塗りと上塗りの塗料を分けて使用することは、上塗りの塗り残しを減らすうえでも効果があります。
 
そのため、お施主様の中には中塗りの色を変更を希望される方もいますね。
 
塗料の色は自由に変えることができますので、お施主様の希望に合わせることは可能です。
 
しかし、中塗りと上塗りの色を変更することで、塗料の無駄が発生してしまうこともあるので注意が必要です。
 
具体的には、建物を一通り塗装するのに1.5缶必要な場合がありますね。
 
中塗りと上塗りを同じ色で塗装する場合には、全部で3缶で足ります。
 
しかし、色を変えて作業する場合には、合計で4缶の塗料が必要になってしまいます。
 
外壁塗装の費用をできるだけ、抑える工夫が必要になりますね。
 

★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る