現場レポート

栃木県下野市 外壁塗装 上塗り 破風 無料見積もり

2020.3.9

栃木県下野市にて外壁塗装の上塗り工事として、付帯部分の塗装を行ってきました。
 
外壁塗装の工程では、サイディングの上塗り工事に続いて行う作業になりますね。
 
上塗り工事が完成しているので、塗料の飛散には十分に配慮が必要になります。
 
しかし、付帯部分の中でも破風や鼻隠しは、外壁よりも高い位置に設置されています。
 
屋根まわりに設置された部位の塗装を行うので、塗料の飛散が少なからず発生しま
す。
 
風の強い日や場所の建物では、特に注意が必要になりますね。
 
1滴の塗料も風に飛ばされれると、どこについてしまうかはわかりません。
 
飛散防止ネットの中で納まってくれればまだましですが、ネットを抜けてしまった場合には、周辺への飛散も考えられます。
 
外壁塗装では、工程を守って作業することも重要ですが、天候や気候に合わせた段取りも大事ですね。
 
破風や鼻隠しの塗装では、刷毛とミニローラーを使用しています。
 
サイディングを塗装する大きなローラーでは、塗料の飛散リスクが高くなるので、ミニローラーを採用するケースが増えていますね。
 
刷毛塗装よりも綺麗に仕上がりが簡単にできるので、職人の技術に左右されることなく、均一した仕上がりで納められますよ。
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る