現場レポート

栃木県小山市 外壁塗装 上塗り 破風 無料見積もり

2020.3.4

栃木県小山市にて外壁塗装の上塗り工事として、付帯部分の塗装を行ってきました。
 
付帯部分の塗装を行う段取りは、塗り替え現場の状況や上塗りの方法によって異なります。
 
一般的な塗り替えの場合には、サイディングの上塗り工事に続いて行う作業になりますね。
 
段取りが変わってしまうのは、上塗り工事に吹き付けを採用する場合になります。
 
付帯部分の破風や鼻隠しはもちろんですが、雨どいや竪樋なども先行して塗装することになりますね。
 
破風や鼻隠しの塗装は、刷毛とミニローラーを使用して作業を進めていきます。
 
ミニローラーのサイズも豊富になっていますので、現場に合わせてサイズを選定することも重要ですね。
 
破風や鼻隠しの素材は、建物の建てられた年代によってさまざまです。
 
古い建物では、木材を使用しているケースもよく見かけますね。
 
木材は外部で使用されると、塗装仕上げをしていても劣化が進みやすい素材になります。
 
木材の塗装では、浸透系の塗料と通常のペンキ塗装に分かれます。
 
既存の仕上がりが浸透系の場合には、塗り替え時にも浸透系を採用することが多いですね。
 
逆にペンキ塗装で仕上げられた木材を、浸透系の塗料に変更することは難しいので注意してくださいね。
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る