現場レポート

栃木県小山市 外壁塗装 下塗り 微弾性 フィラー

2020.4.15

栃木県小山市にて外壁塗装の下塗り工事として、微弾性フィラー塗装を行ってきました。
 
外壁塗装の工程では、下地調整に続いて行う作業になりますね。
 
下地調整と養生工事は、併行して行うことが多い段取りになっています。
 
下塗り工事に使用する塗料によって、養生の方法や施工範囲を変更することがあります。
 
今回施工する微弾性フィラー塗装の場合には、塗料の飛散が多くなるので注意が必要ですね。
 
一般的に下塗り工事では、刷毛とローラーを使用して作業を行ていきます。
 
微弾性フィラー塗装の場合には、使用するローラーによっても最終的な仕上がりや養生の範囲もことなりますよ。
 
通常の作業と同様のウールローラーを使用する場合には、既存のサイディングに塗膜を形成することができます。
 
シーラーよりも厚い塗膜になるので、柄や模様を多少変化させることもできますね。
 
さらにマスチックローラーを使用することで、大きな変化を付けることも可能になりますよ。
 
マスチックローラーを使うことで、とげとげの柄を付けることもできます。
 
塗料の希釈によって、柄の出方がことなるので注意が必要ですね。
 
微弾性フィラー塗装の場合には、実際の壁を使って試し塗りをおすすめしています。
 
外壁塗装についてはこちら→選べる塗料について
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る