現場レポート

栃木県真岡市 外壁塗装 高圧洗浄 飛散防止ネット

2020.4.14

栃木県真岡市にて外壁塗装の高圧洗浄工事を行ってきました。
 
高圧洗浄工事は、外壁塗装の工程の中では仮設足場の組み立て後に行う作業になりますね。
 
高圧洗浄を行う上で、足場に設置された飛散防止ネットが重要なポイントになっています。
 
仮設足場の組み立てと同時に飛散防止ネットが張られていますが、高圧洗浄による汚れた水の飛散防止にも役立ちます。
 
高圧洗浄を行うサイディングなどの外壁では、塗料の劣化によってチョーキングが起きています。
 
そのため、高圧で洗浄すると汚れた水が飛び散ってしまいます。
 
お施主様の敷地内はもちろんですが、近隣の方の敷地にも汚れた水が飛ばない様に飛散防止ネットが活躍してくれますね。
 
さらに塗膜の汚れ以外にも、長い年月をかけて蓄積したほこりも洗い流すことが一般的です。
 
塗り替えを行う建物を綺麗にすることは当然ですが、周囲への配慮も欠かさず作業することが大事ですね。
 
高圧洗浄では、使用する水道をお施主様に負担していただくことが一般的です。
 
作業中は水道を出したままで作業することも多いので、効率よく作業することが求められます。
 
複数の職人で高圧洗浄を行うことで、洗浄係とてこ係に分かれて作業することができますね。
 
高圧洗浄についてはこちら→塗装前の下地処理について
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る