現場レポート

栃木県鹿沼市 外壁塗装 上塗り 軒天 養生範囲

2020.6.24

栃木県鹿沼市にて外壁塗装の上塗り工事として、軒天の塗装を行ってきました。

外壁塗装の工程では、養生工事に続いて行う作業になりますね。

養生工事では、軒天の塗装の有無に注意して作業を進めています。

通常のサイディングの塗装と比べても、軒天などの天井面への塗装では塗料の飛散が多くなりがちです。

塗料の飛散量の他にも、飛散する範囲も広くなるので余裕をもって養生をしておくことが大事です。

基本的には飛散した塗料も、最終的な手直しや清掃で綺麗にふき取ることになります。

しかし、素材によっては飛散した塗料が取り切れない場合も少なくありません。

エアコンの室外機などは、付着した塗料を清掃するつもりが、室外機自体の塗料をふき取ってしまうことにもつながりますね。

軒天の塗装をする際には、施工範囲に持ち運びができるベトコンを使って慎重に作業することが大事ですよ。

軒天の塗装では、基本的に下塗り工事を行うことはあまりありません。

使用する塗料がシーラーレス塗料になるので、中塗りと上塗りの2工程で完成することがほとんどですね。

既存の軒天の状態によっては、しっかりと下地調整が必要になることもありますよ。
 
塗装工事についてはこちら→施工の流れについて
 
 

★M★

お客様の声

もっと見る