現場レポート

栃木県宇都宮市 外壁塗装 下塗り シーラー 塗装

2020.6.29

栃木県宇都宮市にて外壁塗装の下塗り工事として、シーラー塗装を行ってきました。
 
外壁塗装の工程では、軒天の塗装に続いて行う作業になりますね。
 
軒天の塗装を先行することで、その後の作業がスムーズに進められるようになりますよ。
 
サイディングの塗り替え現場では、一般的に下塗り工事としてシーラー塗装を行っています。
 
シーラー塗装の役割は、既存のサイディングと新しい塗料の密着をよくすることです。
 
経年劣化によって傷みが出ているサイディングには、チョーキング現象が起こっている可能性が高くなります。
 
チョーキング現象は、粉がふいているような状態になるので、塗料がはがれやすくなるデメリットもあります。
 
シーラー塗装を行う前には、高圧洗浄などをしっかり行うことで、チョーキングしたサイディングの表面を綺麗にすることもできますよ。
 
シーラー塗装で、下地を均一な状態に整えることが大事なポイントになりますね。
 
シーラー塗装の他にも、フィラーやサーフ系の下塗り塗料があります。
 
下地の状態や、外壁塗装で使用する塗料の種類によっても、下塗り工事で使用する塗料を選択する必要があります。
 
一般的に下塗り塗料は、業者に一任されているので多くの知識や経験が必要になりますね。
 
外壁塗装についてはこちら→外壁塗装について
 
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る