現場レポート

栃木県真岡市 外壁塗装 下塗り 微弾性 フィラー 

2020.6.30

栃木県真岡市にて外壁塗装の下塗り工事として、微弾性フィラー塗装を行ってきました。

外壁塗装の工程では、軒天の塗装に続いて行う作業になりますね。

軒天の塗装を先行して行うことで、下塗り工事で行う微弾性フィラー塗装が進めやすくなるメリットがあります。

微弾性フィラー塗装は、塗膜を厚く形成することができる塗料です。

既存のサイディングの表情や模様を変えることも可能ですね。

使用するローラーによっては、大きな柄を付けることもできますよ。

通常のウールローラーに代わって、マスチックローラーを使用することでデコボコと凹凸を付けること可能になります。

凹凸などの柄を付ける際には、塗料の希釈によって柄が代わってしまうので注意が必要になりますね。

水分の割合が少ない場合には、とげとげとした凹凸になりやすくなります。

逆に水分が多い場合には、なめらかな凹凸になるので塗装前にしっかりと確認することが大事ですね。

下塗り工事で作られた模様や柄は、中塗りや上塗り工事を重ねても変わることはありません。

下塗りの表情がそのまま最終的な仕上げになることが多いので、慎重に柄を見極めることが大事になりますよ。
 
外壁塗装についてはこちら→選べる塗料について
 

★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る