現場レポート

栃木県日光市 外壁塗装 付帯部塗装 外壁塗装の工程 ルミステージ®

2020.9.11

栃木県日光市にて、外壁塗装・付帯部塗装のご報告の続きです!

 

今回は、外壁塗装の様子についてお伝えします。

外壁塗装の下地処理では、足場設置→高圧洗浄→養生→劣化補修→ケレン作業といった工程を経て、

やっと塗装作業に入ります。

「どうせ塗装したら見えなくなるのでは」と思われるかもしれませんが、

見えない場所だからこそ丁寧に行う事で、

塗膜が長持ちし、綺麗に仕上がります。

例えば、高圧洗浄では汚れなどの不純物を強力な水圧で落とす作業ですが、

この作業が無ければ、下地と新しい塗膜との間に物が挟まった状態になるので、

塗装をしてもすぐ塗膜が剥がれてしまいます。

「装工事を行う際に必要な事」はこちらのページです。

 

塗装も下塗り→中塗り→上塗りと工程があります。

まず、下塗りでは下地と中塗り・上塗り塗料の接着剤のような役割と、

塗料が下地に吸い込まれて色むらができるのを防ぐ役割があります。

 

栃木県日光市 外壁塗装 付帯部塗装 外壁塗装の工程 ルミステージ®

 

中塗り・上塗りは同じ塗料を使用します。

中塗りでは、上塗り材の補強や平滑な下地を作るのが目的です。

中塗り、上塗りと重ね塗りをする事が均一な厚みになり、綺麗な仕上がりになります。

 

使用した塗料は耐久性が高く、超低汚染性で綺麗が長持ちするルミステージ®です。

「ルミステージ®」については、こちらのページです。

 

−N−

 

栃木県上三川町、宇都宮市、下野市、真岡市、小山市、古河市で、塗装工事、屋根工事のことなら、ホーム・ビューティーへお気軽にご相談ください。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る