現場レポート

栃木県日光市 外壁塗装 付帯部塗装 軒天 ケレン作業 目荒らし(目粗し)

2020.9.10

栃木県日光市にて、外壁塗装・付帯部塗装のご依頼をいただきました。

 

今回は付帯部の1つ、軒天塗装の様子についてお伝えします。

付帯部とは、屋根と外壁以外の建物の部分を指します。

軒天の他に、雨樋、鼻隠し、破風板、シャッターBOX、玄関ドアなどです。

名前は聞いた事がないかもしれませんが、1度は目にしている部分です。

「雨どいの役割と各部位の名称」については、こちらのページです。

 

軒天は外壁から飛び出している屋根の裏側の板材の面を指します。

軒は屋根裏の換気、雨水・紫外線から外壁を守ってくれています。

湿気がこもりやすいので、塗装によるメンテナンスや、

塗装ではすまない場合には交換が必要です。

 

交換となると10万円以上かかりますが、塗装だと数万円ですむので、

「何か起こったら」ではなく、「何か起こる前に」のメンテナンスが必要です。

 

栃木県日光市 外壁塗装 付帯部塗装 軒天 ケレン作業 目荒らし(目粗し)

 

まずは表面をサンドペーパー等を使ってケレン作業・目荒らしを行いました。

目荒らし(目粗し)は、わざと傷をつけて凸凹にし、

下地と塗料の密着性を高める工程です。

「ケレン作業の重要性、その役割とは。」はこちらのページです。

 

下地処理後、下塗り→中塗り→上塗りの3度塗りで仕上げました。

主にローラーで、壁際などは刷毛を使って丁寧に塗装をしました。

 

−N−

 

栃木県上三川町、宇都宮市、下野市、真岡市、小山市、古河市で、塗装工事、屋根工事のことなら、ホーム・ビューティーへお気軽にご相談ください。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る