現場レポート

栃木県真岡市 屋根塗装 外壁塗装 車庫塗装 シャッター塗装が難しい理由 目荒らしとは

2020.12.25

栃木県真岡市にて、屋根塗装・外壁塗装・車庫塗装のご報告の続きです!

 

今回は車庫塗装の様子についてお伝えします。

 

車庫はシャッターの塗装が特に難しいです。

というのも、シャッターは収納するので、

塗膜が厚すぎると収納しにくくなってしまいます。

 

かといって、塗膜が薄ければ耐久性が弱まるだけでなく、

塗料が持つ機能が発揮できません。

 

シャッターのDIYの方法をインターネットで目にする事がありますが、

厚すぎて閉まらなくなった、結局高い工事費を払う事になったなんて事もあります。

外壁や屋根と違って範囲が狭いのでご自身でやってみようと思われるのかもしれません。

厚すぎず、薄すぎず、更に下地処理も重要です。

 

まずは高圧洗浄で車庫全体の汚れやカビ、苔などを除去しました。

 

シャッターのような鉄部にはケレン作業といって、

サビや旧塗膜を手工具や場合によっては電動工具を使って除去し、

更に塗膜の食いつきが良くなるよう、わざと傷を付けて表面を凸凹にします。

鉄部は特に塗料が付着しにくい為です。

このわざと傷を付ける作業を目荒らしといいます。

「ケレン作業の重要性、その役割とは。」は、こちらのページです。

 

 

下塗り→中塗り→上塗りと重ね塗りをして完了です!

「外壁塗装の下塗り・中塗り・上塗りの役割とは?」は、こちらのページです。

 

−N−

 

栃木県上三川町、宇都宮市、下野市、真岡市、小山市、古河市で、塗装工事、屋根工事のことなら、ホーム・ビューティーへお気軽にご相談ください。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る