現場レポート

宇都宮市 屋根塗装工事 下塗り O様邸

2021.7.27

今回は、宇都宮市のO様邸より屋根塗装工事の紹介を致します。

下塗り

O様のご自宅の屋根はスレート材です。

スレート材は、価格が安価で、軽い素材であるため耐震性に優れています。

また、デザインも豊富で現在日本で使われている屋根材の中でもっとも主流の材料です。

しかし、軽くて薄い分やはり耐久性はあまり高くありません。

屋根が割れているとそこから雨水が侵入して、雨漏りになってしまいますので、定期的なメンテナンスが必要です。

今回、O様のお宅は屋根の点検を行ったところ割れなどは見られませんでしたが、塗装の劣化し剥がれている部分が散見されました。

屋根材自体には基本的に防水性や日光を防ぐ術はありません。

塗装をすることで塗料の膜を作り、雨水を弾き、日光を反射させることができます。

そのため塗装が剥げている状態は、屋根材が雨水を吸ってしまうような状態で劣化や腐食を速めてしまうため、侮れません。

今回は10年の定期点検をさせていただきましたので、このような説明させていただき工事をすることとなりました。

本日は既に、高圧洗浄まで終わっておりましたので、下塗りを行わせていただきました。

塗装工事において最も重要な工程ですので、暑い日差しの中ですが手を抜かず塗料を塗っていきます。

本日の紹介は以上です。

 

当社では無料で建物の点検をさせていただいております。

気になる方は是非お問い合わせください。

お問い合わせ

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る