現場レポート

宇都宮市 屋根塗装工事 中塗り・上塗り O様邸

2021.7.28

今回は、前回に引き続き宇都宮市のO様邸より、

屋根塗装工事について紹介させていただきます。

 

前回は下塗りを行い紹介させていただきましたので、

今回は中塗りについてご紹介していこうと思います。

 

先ずは中塗りですが、今回は下塗りと違う塗料を使用しています。

中塗り

というのも、中塗りは下塗りの二回目と言われており、通常同じ塗料を使うことが多いのです。

しかし、今回は上塗りに使用する塗料との相性をより高めるために、同じメーカーの親和性の高い塗料を使用することとなりました。

また、下塗りに使う塗料が高性能で少し値段が高いものを使用している場合、同じ塗料を使用すると費用が高くなってしまう場合があるため、中塗りでは違う塗料を使用する場合があります。

いずれにしても今回は前者の理由で塗料を変えています。

 

塗装工事で最も重要な下塗り、外壁の顔であり防水性や遮熱性能が直結している上塗りに比べて、重要度は低いと思われがちですが、中塗りもなくてはならない工程です。

塗装は層が厚ければ厚いほど、耐用性は向上します。

下塗りと上塗りだけでは不十分です。

塗装業者探しは中塗りまで行ってくれる信頼できる業者に依頼しましょう。

 

中塗りを終えて、乾燥を確認したらいよいよ上塗りを行っていきます。

次回の記事も、宜しければご覧ください。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る