現場レポート

宇都宮市 外壁塗装工事 中塗り T様邸

2021.8.12

今回は前回に引き続き、

宇都宮市のT様邸より外壁塗装工事について紹介致します。

 

前回は下塗りを行いましたので、今回は中塗りを行います。

T様邸では、中塗りを下塗りと同じ塗料を使用しています。

中塗り

塗装工事は下塗り、中塗り、上塗りと

最低でも3回の工程を行います。

この中で最も重要なのは、下塗りです。

前回の記事でも紹介しましたが、下塗りは塗料の耐用年数に直結します。

そのため、下塗り一回では十分な強度いならない場合があります。

塗料の層は厚ければ厚いほど強固な塗膜になるというのがこの業界では常識です。

一度乾いた下塗りの上から、もう一度同じ塗料を重ねることでより強度の高い下地を作りだすことができるのです。

そのため中塗りは、二回目の下塗りと呼ばれることもあります。

 

勿論、中塗りで下塗りと違う塗料を使用することがあります。

上塗り塗料は直接、外環境と接するためお客様の御用望に合わせて、防水性の高いもの、紫外線に強いもの、汚れにくく、カビが繁殖しにくいものなど選んだでいただきますが、

塗料によっては同じメーカーの出す専用中塗り塗料の方が相性が良く、より塗料の性能を発揮できるものがあります。

その様な場合には下塗りとは別の塗料を使用し、仕上げ材がより力を発揮できるようにします。

 

今回の紹介は以上です。

塗料については▶コチラで詳しく紹介しておりますので是非ご覧ください。

“N”

 

 

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る