現場レポート

宇都宮 外壁塗装 下塗り H様邸

2021.9.5

今回は前回に引き続き、

宇都宮市のH様邸で行っている塗装工事について紹介させていただきます。

 

今回は外壁の下塗りと高圧洗浄について紹介致します。

先ず塗装を行う前には必ず高圧洗浄を行います。

高圧洗浄では、汚れやカビ、藻などを流していきます。

塗装面に汚れやカビ、藻などが付着した状態で塗装を行っても、

上手く塗装が吸着しません。

塗装に吸着を、汚れなどが邪魔してしまうからです。

 

しかも高圧洗浄の後に行い、今回紹介する下塗りは塗装工事のなかで最も重要な工程と言われています。

下塗り材は仕上げ材と下地の接着剤の役割を果たしていて、塗料の剥がれの起きやすさは、下塗りの出来で変わってしまい、つまり塗料の耐用年数に直結しています。

仕上げ材は紫外線カットや防水性など直接塗料の高機能ともいえる効果が表れる反面下塗りは縁の下の力持ちという訳です。

仕上げ材が、長期間その高機能を発揮するためには下塗りが不可欠なのです。

この説明をさせていただけば、高圧洗浄で下地を綺麗にする重要性が分かっていただけると思います。

下塗り 下塗り 下塗り

今回は外壁部分下塗りは全て完了しています。

今回の紹介は以上です。

関連記事

「外壁塗装の下塗り・中塗り・上塗りの役割とは?」

“N”

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る