現場レポート

宇都宮市 外壁塗装 ケレン作業

2019.5.13

本日は栃木県宇都宮市のお客様のところにお伺いさせていただき、外壁塗装前のケレン作業を行ってまいりました。

 

一般の方からの外壁塗装工事のイメージはローラーやハケを使って外壁に塗料を塗るということだと思いますが、意外に地味な作業も多く、その地味な作業を怠ると仕上がりに大きな差が出てしまいます。

 

ケレン作業を行う目的というのは主に2つあり、1つは塗装前に邪魔になるもの=サビや黒皮(鋼材を熱処理した際に発生する黒い酸化物)、塩分、水分、粉塵、塵埃などの付着物を出来るかぎり取り除く必要があります。特に鉄部では、さびが進行しないよう付着物を取り除くこと。

 

そして2つ目は、被塗面に凹凸を付けて、塗料の付着をよくすることです。

外壁に凹凸をつけることにより、塗装する表面積が広くなり、剥がれにくくなるためです。

 

このような一般の方が知らずにやらなくてもごまかせるような作業が塗装の仕事にはたくさんあります。

 

当社ではそのような作業でも手を抜かず丁寧に行うことにより、お客様の信頼を勝ち取って行きたいと思っております。

お客様の声

もっと見る