現場レポート

栃木県宇都宮市 外壁塗装 洗浄作業

2019.5.20

本日は栃木県宇都宮市のお客様先で塗装工事前の高圧洗浄作業を行いました。

 

塗装工事は一般的には外壁に塗料を塗ると言ういたってシンプルなイメージだと思いますが、実はそれ以外にもケレン作業や高圧洗浄工事などの下地処理作業が耐久年数に大きく影響します。

 

塗装された外壁の表面にできた塗膜は、古くなったり雨風や紫外線などにさらされたりして年月を重ねて劣化していきます。

こうして劣化した塗膜は、少しずつ粉化し、触ると白い粉が付着するようになっていきます。これを「チョーキング現象(白亜化現象))といいます。

チョーキング現象が起きてしまった外壁の上に塗装を行っても、古い塗膜が邪魔になり剥がれやすくなってしまうのです。新たな塗装をしっかり定着させるためには、古い塗膜や汚れ、カビ、サビなどを高圧洗浄できっちり取り除くことが重要なのです。

 

ですので、当社ではこう言った1つ1つの作業を丁寧に行うよう徹底しております。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る