現場レポート

小山市 外壁塗装 下地調整 木部塗装 無料見積もり

2019.7.3

小山市にて外壁塗装の下地調整を行ってきました。

 

こちらのお施主様宅はログハウス風の丸太を使用した外観の建物になっていますので外壁塗装に使用する塗料も外部に使える木部用の塗料になります。

 

木部用の塗料は浸透するタイプの塗料になるので塗装前の下地調整を丁寧に行うことが非常に大事で最終的な仕上がりにそのまま反映されます。

 

外壁の形状は丸太の形をしているのでカーブの連続になっています。

 

下地調整としては全体をやすりでペーパーがけすることで広い範囲は電動のサンダーで効率的に進め、細かな部分は手で作業することで外壁全体を均一な下地の状態に近づけることが大事です。

 

木部の塗料を塗装する前の下地調整や養生を丁寧に行うことで仕上がりの優劣が決まってしまうほど慎重な作業が求められますね。

 

木部用の塗料にもさまざまな色があるので全体のイメージとよくすり合わせて検討することが大事になりますが木部の場合には同じ木材に試し塗をすることでさらにイメージを広げやすくなります。

 

サイディングの外壁塗装の様に色を変えることは簡単では無いので最初の決定がとても大事になってきます。

 

お施主様がしっかりイメージ出来るようにサンプルなどの準備を事前にしておくことも必要になりますね。

 

★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る