現場レポート

栃木市 外壁塗装 下地調整 軒天補修 無料見積もり

2019.7.11

栃木市にて外壁塗装の下地調整として軒天の補修を行ってきました。

 

外壁塗装よりも先に塗装することになる軒天ですがケイカル板を使用されている場合には塗装前に下地調整が必要なケースがよくあります。

 

軽微な補修としては軒天を止めている釘やビスの浮きや欠損などですがその場合には釘の打ち直しをしたりパテをかうことで解消できます。

 

しかし、軒天のケイカル板にシミが残っている場合には注意が必要で雨漏りの可能性を検証することが大事になります。

 

せっかく外壁塗装で建物全体を綺麗に仕上げても雨漏りをしている場合にはすぐに軒天にシミが出てしまいます。

 

雨漏りの原因がはっきりしていてその対応ができているのであれば完全い乾燥するのを待って塗装を行うこともできますが雨の度に湿ってしまう場合には塗装工事はできません。

 

原因を追究するために一度軒天をはがして調査することも考えられるからです。

 

軒天に付いている空洞部分は小屋裏への換気口にもなっていますが台風などの強風の場合には雨が巻き上げられて入ってしまうことがあります。

 

一昔前のパンチングボードの様なケイカル板は減ってきましたが役物を使った換気口にも注意が必要ですね。

 

★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る