現場レポート

真岡市 屋根塗装 中塗り工事 ローラー塗装 無料見積もり

2019.7.20

真岡市にて屋根塗装の中塗り工事を行ってきました。

 

屋根塗装の重要なポイントは下地調整や下塗り工事のシーラー塗装になります。

 

この段階でどれだけ均一な下地を作り出せるかによって中塗り工事以降の仕上がりにも影響を与えてしまいます。

 

スレート屋根の再塗装はスレート屋根の重なり部分の塗装を丁寧に行う必要があります。

 

重なり部分はローラー塗装ではなかなか入りにくい場所になりますが刷毛とローラーを併用するなどの工夫をして作業を行っていきます。

 

使用するローラーの毛足の長さを調整することでも作業の効率と仕上がりを綺麗にすることができます。

 

毛足の長いローラーは塗料を多く含むことができるので塗装する際にも多くのスレート屋根を塗装することができます。

 

大量の塗料でスレート屋根を塗装することで効率もあがりますし、重なり部分にもよく塗料が行き渡ります。

 

しかし塗料を多く含む毛足の長いローラーの使用には注意が必要で風の強いや風向き、仮設足場の飛散防止ネットの状況などを考慮して選択することが大事になります。

 

スレート屋根の塗装は段差にローラーを当てて作業を行うので塗料の飛散が起こりやすい状況でもあります。

 

近隣の方への飛散防止には特に注意が必要な作業になりますね。

 

★M★

お客様の声

もっと見る