現場レポート

宇都宮市 屋根塗装 上塗り工事 飛散防止 無料見積もり

2019.7.19

宇都宮市にて屋根塗装の上塗り工事を行ってきました。

 

屋根塗装の上塗り工事には中塗りと同じ塗料を使うことが一般的になっています。

 

中塗りの工程と同じようにローラーと刷毛を使った塗装が基本になります。

 

棟板金やケラバの細かい部分などはローラーよりも先に刷毛でダメ込みを行うことで塗残しをなくすことができます。

 

さらに使用するローラーの毛足を長くすることで塗料をたくさんスレート屋根に乗せることが可能になりますね。

 

毛足の長いローラーを使用することでスレート屋根の重なり部分などにも塗料がしっかりと行きわたらせることができます。

 

屋根塗装を行う上で注意したいのは風の強い日の作業です。

 

仮設足場の組み立ては屋根塗装があるかないかでその高さが変わります。

 

屋根塗装が予定されている場合には軒先よりも高く足場を組みますが屋根の1番高い棟までの高さは施工されません。

 

足場よりも高い部分の屋根を塗装するときには風の強さや向きにも十分な配慮が必要になります。

 

飛散防止ネットの上を通ってしまう可能性がある場合には塗装作業自体を控えることも大事です。

 

特に作業効率の上がる毛足の長いローラーを使用する場合には慎重に作業することになりますね。

 

作業の効率と近隣への配慮は常に欠かすことができない重要なポイントです。

 

★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る