現場レポート

小山市 外壁塗装 中塗り工事 フィラー塗装 無料見積もり

2019.7.21

小山市にて外壁塗装の中塗り工事を行ってきました。

 

外壁塗装の下塗り工事には既存の外壁によって使用する塗料が変わります。

 

サイディングの場合には基本的にシーラーを使うことが一般的ですが既存のサイディングの柄や下地の状態によってはシーラーとフィラーの両方の特徴を持った微弾性フィラーを使用することもあります。

 

微弾性フィラーはシーラーに比べて塗料の粘度が高いので既存のサイディングをカバーすることが可能になります。

 

この下塗り工事を丁寧に行うことで次の工程の中塗り工事が捗ります。

 

微弾性フィラーは水性の塗料になるので希釈の割合によって作業の効率や耐久性にも差が出てしまうことがあります。

 

水分の希釈割合が多い場合には塗料が薄くなってしまうと同時に作業の効率は上がります。

 

逆に希釈割合が少ない場合には作業の効率は悪くなってしまいます。

 

メーカーのカタログ上では10%前後の希釈割合に猶予があるので施工する職人によっても変わってしまいます。

 

下塗り工事は最終的な仕上がりに影響する大事な工程ですが中塗りや上塗りが完成してしまうと分からなくなってしまいます。

 

さらに下塗り工事の希釈割合までしっかり確認できるお施主様は少ないので塗装業者の判断に任せる必要がありますね。

 

★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る