現場レポート

鹿沼市 外壁塗装 上塗り工事 付帯塗装 無料見積もり

2019.8.6

鹿沼市にて外壁塗装の上塗り工事として付帯部分の塗装を行ってきました。
 
こちらのお施主様宅では建物の付帯部分でもある破風や鼻隠しが木材で施工されています。
 
塗り替えの現場ではまだよく見かけますが新築現場ではほぼ見ることが無くなってしまった木材の破風や鼻隠しです。
 
外壁塗装の工程の中ではサイディングなどの外壁の上塗り工事が完了してから行うの一般的です。
 
木材の破風や鼻隠しの塗り替えはまず下地調整として古い塗膜のケレン作業から始まります。
 
木材に塗られた塗料は経年劣化によってはがれやすくなって知るのでカワスキなどを使ってしっかりと除去することが大事なポイントですね。
 
あまりに劣化が激しく腐ってしまった箇所がある場合には部分的な取り換えも検討したほうがいいかもしれませんね。
 
全体的に劣化が進んでしまった場合には破風や鼻隠し全体を板金で巻いて保護する方法も一般的な処理方法です。
 
板金で巻いて処理する場合には塗装業者以外に専門の板金屋さんに施工をお願いすることになるので費用が高くついてしまいます。
 
木材の劣化の状態と板金巻きの費用をよく検討することが大事ですが破風や鼻隠しは足場がないと補修できないことも考慮して決断してくださいね。
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る