現場レポート

宇都宮市 屋根塗装 下地調整 縁切り 無料見積もり

2019.8.13

宇都宮市にて屋根塗装の下地調整としてタスペーサーの設置を行ってきました。
 
 
カラーベストやコロニアルと言われるスレート屋根の場合には定期的なメンテナンスとして再塗装が必要になります。
 
屋根塗装の下地調整の工程では大きく補修作業と縁切り作業に分かれています。
 
補修作業は経年劣化によって傷んでしまったスレート屋根のひび割れやクラックを補修することがメインであまりに大きなクラックや欠けの状態によっては差し替えなどを検討することが目的です。
 
もうひとつの作業が縁切り作業で下地調整の工程で行うことが重要なポイントになります。
 
縁切り作業というのは基本的にスレート屋根の塗り替え後に発生してしまう毛細管現象を抑えるための工事になります。
 
毛細管現象はわずかな隙間に水分が吸い上げられていく現象でスレート屋根の塗り替え後に発生しやすい現象でもあります。
 
スレート屋根のジョイント部分には小さな気泡のような穴ができやすくそこに水分が吸い上げられてしまうと屋根材の裏側に湿気が溜まってしまいます。
 
屋根材の下にはアスファルトルーフィングという防水紙が敷かれていますが湿気が抜けない状態が続いてしまうのは建物にとって良くない状態です。
 
下地調整の工程でタスペーサーの設置を行うことで毛細管現象を抑えることができますよ。
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る