現場レポート

栃木県下野市 外壁塗装 上塗り 付帯塗装 無料見積もり

2019.11.19

栃木県下野市にて外壁塗装の上塗り工事として、付帯部分の塗装を行ってきました。
 
外壁塗装の工程の中では、サイディングなどの外壁の上塗り工事に続いて行う作業になります。
 
付帯部分の中でも今回は、雨樋の塗装を行ってきました。
 
雨樋の形状は建物の建てられた年代によって、丸形、角型などさまざまです。
 
古い建物になると、ほとんどの場合で丸形の雨樋がつってありますね。
 
丸形の雨樋を固定している金具も金属になるので、経年劣化によって錆びが発生してしまうことがよくあります。
 
さらに古い建物の場合には、雨樋を固定する鼻隠し自体が劣化していることもあるので注意が必要です。
 
築年数の古い建物は鼻隠しに木材が使用されていることがあるので、経年劣化によって腐食が進んでしまうことがあります。
 
鼻隠しの腐食は、雨樋の勾配を狂わせてしまう原因にもなるので注意が必要ですね。
 
雨樋の勾配が狂ってしまうと、通常の雨でもしっかりと排水することができずに溜まってしまいます。
 
雨樋に溜まった雨水からは湿気が発生しますので、周囲の木材や鉄部の劣化が進行してしまう悪循環になりますね。
 
外壁塗装などの外部のメンテナンスを行える機会はなかなかありませんので、仮設足場がある間にしっかりと対策することが大事になりますよ。
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る