現場レポート

栃木県小山市 外壁塗装 上塗り 付帯塗装 無料見積もり

2019.11.18

栃木県小山市にて外壁塗装の上塗り工事として、付帯部分の塗装を行ってきました。
 
外壁塗装の工程では、サイディングの上塗り工事に続いて行うことが多い作業になりますね。
 
付帯部分の塗装では、サイディングよりも高い場所の塗装を行うことになるので、現場の段取りによってはサイディングの塗装よりも先行して行うことも少なくありません。
 
付帯部分の塗装の中でも、作業中の塗料に飛散に注意したい場所は、破風や鼻隠しです。
 
破風や鼻隠しは建物の築年数や、ハウスメーカーや工務店によってさまざまな素材が使用されています。
 
一般的に古い建物に多く採用されているには木材で、外部に使用されている木材は劣化も早くなってしまいます。
 
定期的なメンテナンスとして、塗り替えだけで行える状態かどうかは、実際の劣化具合をチェックしてみないとわかりません。
 
木目が浮き出てきてしまうと、劣化の進行も進んでしまいますので、早めのメンテナンスが必要になりますね。
 
木材の劣化が進腕しまうと、塗り替えだけでは対応できません。
 
腐ってしまった部分の取り換えや、建物全体の木部への板金工事など、外壁塗装以外の費用が発生してしまいますね。
 
外壁塗装を行う時期に合わせて、建物全体の点検を行っておくことも重要なポイントになりますよ。
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る