現場レポート

栃木県栃木市 外壁塗装 下塗り シーラー塗装 無料見積もり

2019.11.20

栃木県栃木市にて外壁塗装の下塗り工事として、シーラー塗装を行ってきました。
 
外壁塗装の工程では下地調整や、養生工事に続いて行う作業になります。
 
シーラー塗装は液体の様な塗料を塗装するので、周囲への塗料の飛散が多くなってしまいます。
 
しっかりと養生を行うことも大事ですが、サッシ周りなどのテープの隙間にも注意が必要です。
 
中塗りや上塗りで使用する塗料に比べても、シャバシャバとした塗料になるので、わずかな隙間にも入り込んでしまうことがあります。
 
マスカーなどの布テープだけでは、サッシまわりの養生としては少し不安が残りますね。
マスカーと同時に紙テープを併用するなどの工夫も必要になります。
 
本来の塗装範囲以外についてしまったシーラーは、最終的な手直し作業の中で綺麗にすることが通常です。
 
既存のサイディングと中塗りなどの塗料の密着性を上げるシーラーなので、塗装範囲いあ外についてしまったシーラーには汚れやほこりが集まりやすくなるので注意が必要ですね。
 
シーラー塗装自体は、作業性もいいので効率的に進めることができる工程です。
 
作業の効率はいいので作業性を考えすぎないように、周りへの配慮が必要な工程でもありますね。
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る