現場レポート

栃木県宇都宮市 屋根塗装 中塗り スレート屋根 無料見積もり

2019.11.25

栃木県宇都宮市にて屋根塗装の中塗り工事を行ってきました。
 
屋根塗装の中塗り工事は、下塗り工事のシーラー塗装に続いて行う作業になります。
 
カラーベストやコロニアルと言われるスレート屋根の場合には、中塗り工事前に行われる作業がとても重要なポイントになることがあります。
 
スレート屋根は経年劣化の状態が、屋根全体を通してバラバラになりやすい素材です。
 
日当たりのいい南側と、湿気や日当たりの悪い北側では、長い時間をかけた劣化の仕方にも違いが出てしまいます。
 
南側の劣化の多くは、日光と雨による劣化で色あせや塗膜の劣化が多くみられます。
逆に北側では、湿気の高さによってコケや藻が発生してしまいます。
 
コケや藻の発生はさらに湿気を伴ってしまうので、屋根材の劣化にもつながります。
 
日当たり以外にもさまざまな条件によって、さまざまな劣化の状況になってしまうのがスレート屋根になります。
 
屋根塗装ではバラバラになってしまった屋根全体を、綺麗な下地に整えることが重要になります。
 
高圧洗浄や下地調整を経て、下塗り工事で行うシーラー塗装で均一な屋根を作ることが、最終的な仕上がりにも影響しますね。
 
もちろんですが、中塗りや上塗り工事の丁寧さも仕上がりに大きな影響を与えますよ。
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る