現場レポート

栃木県下野市 屋根塗装 下塗り スレート 無料見積もり

2020.2.10

栃木県下野市にて、屋根塗装の下塗り工事の中でもシーラー塗装を行ってきました。
 
屋根塗装の工程では、高圧洗浄を行った後で行う工事になります。
 
スレート屋根を下塗りが可能になる状態にすると、屋根全体でまだら模様になってしまうことがあります。
 
色ムラは、スレート屋根の劣化具合によってさまざまな状態になってしまうことが上げられます。
 
色が抜けてしまっている場所は、スレート屋根自体の劣化が進んでいることの証拠で、雨水や塗料の吸い込みにも差が出てしまいます。
 
下塗りで使用するシーラー塗料には、スレート屋根の吸い込みムラを解消する役割が期待できます。
 
シーラー塗料自体は水の様にシャバシャバとした塗料になるので、経年劣化で傷んだスレート屋根は大量の塗料を吸い込んでしまいます。
 
屋根材の劣化状態によって、塗料の吸い込みに差が大きくなってしまうので、中塗り塗装の前までに均一な下地に整えることが必要になりますね。
 
横並びに施工されたスレート屋根でも傷み具合は違うので、シーラーの吸い込みが一定になるまで作業を何度でも繰り返すことが重要なポイントになります。
 
スレート屋根の塗り替えに必要な縁切り作業を、下塗り工事の前後で完了しておくことも、雨漏り予防として重要になりますね。
 
縁切り作業では上塗り後に施工する作業より、タスペーサーなどの設置をおすすめしています。
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る