現場レポート

栃木県小山市 外壁塗装 上塗り 付帯塗装

2020.2.6

栃木県小山市にて外壁塗装の上塗り工事として、付帯部分の塗装を行ってきました。

 

付帯部分の塗装では、屋根まわりに設置された破風や鼻隠しを塗装していきます。

 

破風や鼻隠しの素材は、建物の築年数やハウスメーカー、工務店の仕様によってさまざまです。

 

築年数の長い建物では、木材で破風や鼻隠しが施工されていることもよくあります。

 

しかし、外部に設置された木材は経年劣化によって傷みが進んでしまうことも少なくありません。

 

そのために、木材の破風や鼻隠しの塗り替えを行うには注意が必要ですね。

 

チェックするポイントは、塗り替えでメンテナンスが可能がどうかです。

 

木材は劣化と共に、腐食が始まっています。

 

その為に見た目は大丈夫でも、実際に触れてみると中身がスカスカなこともあります。

 

その他状態では、塗り替えを行っても耐久性を上げることはできません。

 

破風や鼻隠しを固定している釘も抜けてしまうことになるので、ほかの対処方法を検討する必要がありますね。

 

具体的には、劣化した部分の撤去、やり替えを行います。

 

一部の劣化部分だけであれば可能ですが、全体に劣化が進んでしまった場合には板金巻きも必要ですね。

 

費用は大きく変わってしまいますが、外壁塗装と同時に行っておいた方が費用を抑えられますよ。

 

★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る