現場レポート

栃木県下野市 外壁塗装 上塗り 付帯塗装 樋

2020.4.6

栃木県下野市にて外壁塗装の上塗り工事として、雨どいの塗装を行ってきました。
 
外壁塗装の工程では、サイディングの塗装が完成してから行う付帯塗装の一部として段取りされています。
 
付帯部分の塗装には、建物の中でもさまざまな部位が段取りされています。
 
一般的な住宅では、破風や鼻隠し、雨どい、雨戸などが付帯塗装に当たります。
 
今回は、雨どいの塗装を行ってきました。
 
雨どいの塗装は、破風や鼻隠しと同色で塗装することが多くなります。
 
さらにサッシの色に合わせて塗装することが多いので、多くの部分を同時に施工することも可能ですね。
 
サッシの色がブラウン系の場合には、破風や鼻隠し、雨どいも茶系の塗装を行っていきます。
 
鼻隠しとセットで設置されている雨樋は、同色で塗装することで効率を上げることが可能になります。
 
しかし既存の建物が鼻隠しと雨どいで塗り分けをしているケースもあります。
 
その場合には、塗り替えの際にも塗分けを希望される方が多くなりますね。
 
同じ塗装量を作業することになりますが、塗り分けを行う場合の手間はかなり多くなってしまいます。
 
特に鼻隠しと軒樋は距離が近いので、塗り分けも困難になってしまうこともすくなくありませんね。
 
塗装工事についてはこちら→施工の流れについて
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る