現場レポート

栃木県栃木市 外壁塗装 上塗り 付帯 雨戸 戸袋

2020.4.7

栃木県栃木市にて外壁塗装の上塗り工事として、戸袋と雨戸の塗装を行ってきました。
 
外壁塗装の工程では、付帯部分の塗装として段取りされていますね。
 
付帯部分の中でも最終的な、段階で工程に組まれていることが多い場所です。
 
雨戸や戸袋は年代によって、使用されている素材にも差があるので注意が必要です。
 
一般的な住宅では、アルミサッシが普及しているので、塗り替え現場でも多くみられます。
 
しかし、何度も塗り替えを行っている古い建物では、アルミサッシの他に木製雨戸などもありますよ。
 
木製の雨戸や戸袋は、経年劣化に弱いので傷みが激しいケースもあります。
 
外部に使用する木材には、防水処理が必要になりますが劣化と共に防水性能も落ちてしまいますね。
 
木材の場合には、一度腐食してしまうと塗り替えではメンテナンスができません。
 
雨戸や戸袋の作り替えとなると、かなりの費用が発生してしまうので注意してくださいね。
 
定期的なメンテナンスを行うことが大事で、最終的な費用も安く抑えることにも繋がりますよ。
 
木材が腐食する前であれば、板金を巻くなどの処理も可能になります。
 
外部に木材が使用されている場合には、早めの相談をお願いします。
 
外壁塗装についてはこちら→選べる塗料について
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る