現場レポート

栃木県真岡市 外壁塗装 上塗り 雨どい 付帯塗装

2020.6.2

栃木県真岡市にて外壁塗装の上塗り工事として、雨どいの塗装を行ってきました。
 
外壁塗装の工程では、付帯部分の塗装工事の中で行われる作業になりますね。
 
雨どいの塗装には、大きく軒樋と竪樋の塗装があります。
 
軒樋の塗装は、基本的に鼻隠しとセットで施工することが多い場所ですね。
 
軒樋と鼻隠しの色を変えて塗装する場合には、同じ塗装面積でも必要な時間が大きく変わってしまいます。
 
鼻隠しと軒樋の隙間はあまり開いていないので、軒樋の脱着が必要になってしまうこともありますよ。
 
軒樋の脱着には、塗装工事以外の工事が必要になるケースが多いので、費用が上がってしまうので注意が必要ですね。
 
竪樋の塗装を行う際にも注意が必要で、竪樋はサイディングに固定されていることが一般的です。
 
サイディングと竪樋の隙間は狭いので、固定金具を外して作業することが理想的です。
 
しかし、塗り替えを何度も行っている場合には、簡単に金具が外れないこともよくあります。
 
竪樋の形状によっては、竪樋の裏側が上手く塗れずに塗り残しが起きてしまうこともありますよ。
 
刷毛やミニローラーなど、さまざまな道具を駆使して、丁寧に作業を進めることが大事ですね。
 
外壁塗装についてはこちら→選べる塗料について
 
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る