現場レポート

栃木県小山市 外壁塗装 上塗り 雨戸 戸袋 吹き付け

2020.6.3

栃木県小山市にて外壁塗装の上塗り工事として、雨戸の塗装を行ってきました。
 
外壁塗装の工程では、最終的な段取りとして位置づけられています。
 
一般的には、付帯部分の塗装の中で行う作業ですが、戸袋や雨戸の塗装は他の付帯部分とは異なっています。
 
戸袋や雨戸の塗装は、その他のサイディングなどと干渉している場所が少ないのが特徴ですね。
 
極端な話、1番最初に塗装作業を行っても問題はありません。
 
天候や段取りが上手くいかない場合には、屋根のある場所で雨戸の塗装を先行することもありますよ。
 
雨戸の形状は、建物の年代によって変わってくるので注意が必要です。
 
一般的には波型の雨戸や戸袋が多いですね。
 
しかし、波型と言っても大きな波型と小さな波型に分かれています。
 
当然ですが、小さな波型の雨戸の場合には塗装に時間と手間がかかってしまいます。
 
雨戸の塗装費用は、面積によって計算されていることがほとんどですね。
 
しかし波型の種類によっては、通常よりも割増の面積で計算されていることも少なくありません。
 
作業の効率や、最終的な仕上げの綺麗さを考慮して吹き付け塗装を採用することもあります。
 
吹き付け塗装を行えるだけの、スペースが必要になるので現場によって判断が必要になりますね。
 
外壁塗装についてはこちら→カラーシミュレーションについて
 
 
★M★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る