現場レポート

栃木県宇都宮市 外壁塗装 付帯部塗装の重要性 水切りの役割

2020.9.17

栃木県宇都宮市にて、外壁塗装・付帯部塗装のご報告の続きです!

 

外壁塗装では、ほぼ付帯部の塗装を行っています。

付帯部は雨樋、雨戸、霧除け庇、破風板、軒天、鼻隠しなど、

外壁と屋根以外の建物のパーツを指します。

どの部分も建物において必要不可欠でそれぞれに役割があります。

また、外装なので紫外線や雨風によって年月が経つにつれ、

劣化し、塗装によるメンテナンスを定期的に行わなければ、

交換となり、費用が高額になる恐れがあります。

「雨どいの役割と各部位の名称」については、こちらのページです。

 

外壁塗装をしてもこれらの部分が塗装されていないと、

劣化している箇所ばかりが目立ってしまい、

結局、建物全体が古びて見えてしまいます。

特に建物全体に取り付けられている雨樋はよく塗装をしています。

 

栃木県宇都宮市 外壁塗装 付帯部塗装の重要性 水切りの役割

 

写真の部分は水切りです。

水切りは、建物の基礎と土台の間にあり、雨水の侵入を防ぐ役割があります。

土台に雨水が侵入すると、土台や基礎が腐食して建物の寿命が縮まってしまいます。

水切りがある事で安心できますが、その水切りが劣化して役割が果たせなければ意味がありません。

 

水切りは鉄部なのでケレン作業を行って塗装をしました。

付帯部の殆どがケレン作業の必要があります。

「ケレン作業の重要性、その役割とは。」はこちらのページです。

 

−N−

 

栃木県上三川町、宇都宮市、下野市、真岡市、小山市、古河市で、塗装工事、屋根工事のことなら、ホーム・ビューティーへお気軽にご相談ください。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る