現場レポート

栃木県矢板市 外壁塗装 付帯部塗装 シーリング打ち替え工事 オートンイクシード

2021.2.13

栃木県八坂市にて、外壁塗装・付帯部塗装のご報告の続きです!

 

今回は、古いシーリングを撤去し、

新しいシーリングに打ち替える”シーリング打ち替え工事”の様子についてお伝えします。

 

シーリングは、外壁塗装ではほぼ必ず行う工程です。

サイディングボードの継ぎ目に施されており、

雨漏りが侵入しないよう防水の役割や、

地震などの揺れに対して緩衝材の役割等を担っています。

 

しかし、劣化速度が速いので、

外壁塗装の際にはほぼセットで行う作業なのです。

「下地調整の重要なポイント1 コーキング(シーリング)処理」については、こちらのページでもご案内しています。

 

まずは古いシーリングをカッターを使って撤去します。

 

栃木県矢板市 外壁塗装 付帯部塗装 シーリング打ち替え工事 オートンイクシード (3)

 

劣化して硬化しており、少し隙間を作ればベロッと剥がれます。

 

栃木県矢板市 外壁塗装 付帯部塗装 シーリング打ち替え工事 オートンイクシード (1)

 

剥がし終わると、バックアップ材が見えます。

シーリングは三面接着では無く、二面接着でなければ、

建物の揺れに対応できません。

三面接着を防ぐ為に、バックアップ材が必要です。

 

栃木県矢板市 外壁塗装 付帯部塗装 シーリング打ち替え工事 オートンイクシード (2)

 

栃木県矢板市 外壁塗装 付帯部塗装 シーリング打ち替え工事 オートンイクシード (4)

 

次に施工箇所の周りにマスキングテープで養生し、

下地とこの後充填するシーリング材との密着性を高めました。

 

使用したシーリング材は、超高耐久のオートンイクシードです。

先述した通り、シーリングは劣化速度が速く、

従来のものだと3~5年、長くても15年程の寿命ですが、

オートンイクシードは驚異の20~30年程の寿命を持っています。

 

建物を長く丈夫に保護する為にも、質の良いシーリング選びが重要です。

「オートンイクシード」の紹介ページはこちらです。

 

−N−

 

栃木県上三川町、宇都宮市、下野市、真岡市、小山市、古河市で、塗装工事、屋根工事のことなら、ホーム・ビューティーへお気軽にご相談ください。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る