現場レポート

宇都宮 木部塗装 木柵 H様邸

2021.8.30

今回紹介するのは、宇都宮市のH様邸です。

お庭の木柵を塗装致しました。

 

先ずは洗浄してカビや苔などを落としたら、

刷毛を使って塗装を施していきます。

木部塗装 木部

木部というのはメンテナンスがとても重要です。

木部は他の材料・素材に比べて、カビ易く、腐食しやすいです。

工場で作られているのではなく、天然の素材ですので思い通りにいかないというのを頭に入れておかなくてはなりません。

木部には防水機能や紫外線などから守る機能を持ち合わせていませんので、塗装で膜を使って守ってあげなくてはなりません。

しかし、金属やサイディング材に比べて塗料の吸着が悪いという特徴があります。

耐用年数10年ほどの塗料ですら、3~5年ほどしか持たないということがありますので、より細目なメンテナンスを必要とします。

今回のように室外で使用する木柵などであれば、美観を損なうというだけで済みますが、ご自宅の支柱など重要な部分であればメンテナンスの必要性はかなり高くなります。

木材は、暖かみがあり、デザイン性が良いのですがそのようなリスクがあるという点も加味して、検討しましょう。

当社は、お客様のご要望に合わせて、外壁や屋根以外の塗装も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る