現場レポート

宇都宮 外壁・屋根塗装工事 縁切り タスペーサー H様邸

2021.9.7

今回は前回に引き続き、宇都宮市のH様邸より

外壁・屋根塗装工事について紹介させていただきます。

 

前回は、屋根の下塗りを行いました。

今回は仕上げの塗装を行う前に、縁切りという作業について紹介させていただきます。

縁切りは屋根の下塗りと仕上げ塗装を行う間に行う作業です。

縁切りにはタスペーサーという板状の道具を使用します。

タスペーサータスペーサー

タスペーサーは屋根材同士の間に挟み込んで使用します。

屋根材は下から上に重ねるように組まれています。そのため組まれた屋根材同士に隙間が存在します。

実は、この隙間は屋根の構造上大変重要です。

この隙間は、どうしても入り込んでしまう、屋根内部に入り込む水分を含む湿気のある空気や雨により侵入する水の逃げ道となっています。

タスペーサーを使用しないとそのまま穴がふさがれていしまい、

水分の逃げ道がなくなり、内部の木材が腐食してしまう可能性があります。

写真のように挟み込むことで塗装を行った後は、このタスペーサーを抜き取るだけで屋根材同士に隙間を生み出すことができます。

以前は職人が一箇所ずつ切り離していたので、タスペーサーでかなり時短できています。

 

今回の紹介は以上です。

次回は屋根の上塗りについて紹介させていただきます。

 

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る